# direnv と sops で設定を管理する

最近環境依存の値を direnv で管理していたのですが、環境ごとに .env を管理するのが辛くなってきたので、 sops と組み合わせて .env を安全にバージョン管理する方法についてまとめます。

direnv は雑に説明すると direnv allow . で許可したディレクトリに .env というファイルがあると、そのディレクトリに cd したときに .env に書いてある値が環境変数に設定されるというものです。brew でインストールできます。

sops は雑に説明すると JSON, YAML ファイルを AWS の KMS などで暗号/複合するためのユーティリティです。 brew でインストールできます。
AWS ではなく GCP, Azure でも使えるようですが、自分は使っていないためここでは省略します。
復号後の値を .env のフォーマットで出力できるため、 direnv と連携しやすいです。
Ruby on Rails の master.key の仕組みを知っている方であれば、それと同じようなものと考えていただいて問題ないです。

アプリケーション

まずサンプルとして以下のような JavaScript のアプリケーションがあるとします。

console.log([process.env.KEY_1, process.env.KEY_2].join(" , "));

KEY_1, KEY_2 はそれぞれ DB のユーザ名、パスワード、接続先ドメイン、ポートなどであるという想定です。
例えばローカルと本番環境では接続先ドメインは異なりますし、何かポートの衝突が発生していてチームの他の開発者とは異なるポートを設定したい…というシチュエーションが考えられるものです。
また、パスワードなどが含まれることもあるため、ローカル環境のデフォルト値などを除いてコミットはしたくないものとします。

.env.sample について

KEY_1=VALUE_1 KEY_2=VALUE_2

アプリケーションで使う値のサンプルを記載します。
ローカルで使うデフォルトのパスワードなどは含まれますが、本番環境で使うパスワードなどは含めずにコミットします。

.envrc について

dotenv .env dotenv .env.local

.env には sops で復号した値を書き込みます。 それを .env.local で記載した値で上書きするというような設定になっています。

これによって、例えば DB の接続先ドメインなど開発者ごとに共通するものは .env に書かれ、 それを個別の開発者が上書きしたい場合は個々人が .env.local を編集する、という仕組みが作れます。

encrypted-env.yml について

KEY_1: ENC[AES256_GCM,data:XXXX,tag:XXXX,type:str] KEY_2: ENC[AES256_GCM,data:XXXX,tag:XXXX,type:str] sops: kms: - arn: arn:aws:kms:ap-northeast-1:XXXX:key/XXXX created_at: '2020-05-03T04:12:33Z' enc: XXXX aws_profile: "" gcp_kms: [] azure_kv: [] lastmodified: '2020-05-03T04:13:14Z' mac: ENC[AES256_GCM,data:XXXX,tag:XXXX,type:str] pgp: [] unencrypted_suffix: _unencrypted version: 3.5.0

これは env EDITOR="code --wait" sops encrypted-env.yml のコマンドで作成、編集をします。 EDITOR.bashrc などで指定されていれば明示する必要はありません。
各値は KMS で暗号化されたものになっており、 この KMS にアクセスする AWS の権限がないと復号出来ないようになっています。
そのため、 AWS の権限は別で管理するとして上記のファイルはコミットしてバージョン管理が可能です。

環境が複数ある場合は encrypted-env-dev.yml, encrypted-env-production.yml などを追加してコミットします。

ファイル名はどれも任意のもので問題ありません。

.env について

KEY_1=SECRET_VALUE_1 KEY_2=SECRET_VALUE_2

これは sops で作られた encrypted-env.yml を復号した結果です。
以下のようなコマンドで復号した値を適切なフォーマットで .env に保存できます。

env \ SOPS_KMS_ARN=arn:aws:kms:ap-northeast-1:XXXX:key/XXXX \ sops \ --decrypt \ --output-type dotenv \ encrypted-env.yml \ > .env

他の開発者が encrypted-env.yml を更新した場合は git pull した後に上記コマンドを実行することでローカルの環境更新が行なえます。

.env.local について

KEY_2=LAMBDASAWA_VALUE_2

これは開発者固有の事情で設定を上書きしたい場合に使うファイルです。
特に上書きしたい項目が無い場合でもファイルの存在自体は必要ですが、中身は空でも問題ありません。

.gitignore について

.env .env.local

.env には平文のパスワードなどが、 .env.local には開発者固有の値が含まれるため、どちらもコミットしないようにします。

実行例

上記のような設定をすると最初に書いたアプリケーションの実行結果は以下のようになります。 (direnv allow . は実行済みの想定。)

$ node app.js SECRET_VALUE_1 , LAMBDASAWA_VALUE_2

まとめ

これによって以下が達成できました。

  • アプリケーションは設定を環境変数から読むだけの単純な作りに出来る
  • 一度セットアップしたら cd するだけで設定を切り替えられる
  • パスワードを含む設定ファイルをバージョン管理できる (AWS のクレデンシャルだけは別途管理する必要がある)
  • 共有したい設定と開発者ごとの設定を分けて管理できる